カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
グループ
コンテンツ
TSUKIKOYAコーヒーチャンネル
動画でご説明

アイスコーヒーの淹れ方・フレンチプレス・ドリップ・保管・焙煎

様々な動画をUPしています。
0円(税込)
購入数/quantity

TSUKIKOYAコーヒーチャンネル
動画でご説明

アイスコーヒーの淹れ方・フレンチプレス・ドリップ・保管・焙煎

様々な動画をUPしています。
0円(税込)
日頃から頂きますコーヒーについてのご質問を、動画でご説明。
YouTubeチャンネルを開設いたしました。


なかなか、お手紙や文字では伝えられない部分がお伝えできればと思っています。
※動画の静止画像が気になりますが。。気になさらないで下さいませ。




【商品の梱包の様子】

100gから400gまで1通でお送りすることができます。

シンプルですが、味への影響はございませんのでご安心いただけます。

留守でもポストに届きます。





【すごく簡単な浅煎りの抽出メソッド】

フルフレーバーな浅煎りの抽出にお役立てください。

コーヒーらしさは殆どなく産地やプロセスの違いを楽しむためのメソッドです。





【深煎りの抽出メソッド】

3回湯入でフルフレーバーな深煎りの抽出

17gの粉にトータル210ccのお湯(85度)を、70cc×3回に分けて湯入いたします。Pointは2つあります。
蒸らしをしない。そして△蓮1回目と2回目の湯入の間のインターバルを10秒程にする。
,鉢△魑い鬚弔韻襪海箸膿疾り独特のコーヒー感を減らすことができ、甘味を伴うフレーバーを楽しむことができます。





【浅煎りの蒸らしの要らない抽出の様子】

フルフレーバーな浅煎りから中煎りの抽出にお役立てください。

コーヒーらしさよりも、香りや特徴が楽しめる抽出方法です。お湯の注ぎ始めは全体を湿らすように素早く行います(約5秒)。 その後、湯量を極端に減らしながら注ぎ続けます。この間も約5秒、その後は湯量を増やし遠心力を使いながら注ぎます。ここまでが1湯目。






【中煎りで苦味を出さない抽出のコツ】

中煎りでも、コーヒーのフレーバーなどの印象がわかり易い味の好きな方にオススメです。

3回湯入を4回湯入にします。案外簡単なのでどうぞお試しになってみてください。





【キャンプで焙煎体験・DIY ROAST】

カフェプレ(商品名)を使って、本格焙煎体験

‖泙ら1/3を使う 火をつけて火に近づける 2擦鯤垢ながら低い音になるまで熱を入れる ぅ僖船辰版ぜたら火から離して、豆の余熱でコーヒーの焙煎度を決める

家族や、友達と楽しく焙煎体験をしてみてください。





【TSUKIKOYAの焙煎の様子】

細かいデターを記録しながら焙煎しております。

口たり良さ、香りの多さ、後味に臭みが残らないコーヒーに仕上がります。 スタートは焙煎計画を立てる為にノートに大切なことを記入します。 動画内の1分12秒辺りから焙煎風景になります。 焙煎中、何度も電卓を叩きながら10秒毎の温度の上昇を引き算で計測し記入致します。この作業を繰り返しながら約10分するとコーヒーとして仕上がります。





【初めての方のご来店の様子】

こんな感じです。どうぞ、お気軽にご質問くださいませ。





【フレンチプレスの淹れ方】

安定して淹れる方法です。





【アイスコーヒーの淹れ方】

安定して淹れる為にコーヒーリキッドを作ります。






【湿度の強い夏場はしっかりと混ぜて水分を飛ばしましょう】

期間は5月中旬から9月位まで





【湿気ないように保管→絶対湿度と飽和水蒸気量】

梅雨時に大切な保管についてです。





【中煎りの定義】

酸味の輪郭作りについてご説明しております。





【保管方法とエージングについて】

可視光線・酸化・湿気についてご説明しております。





【強・中・弱の3段階の抽出効率】

蒸らし・遠心力・浸け置きを駆使してコーヒーを抽出。





【再現性/美味しいコーヒーの抽出】

湯温・水質・グラインドサイズ・ドリッパー・浸透・抽出前半のポイントについてご説明しております。





【焙煎機による味の違い】

ボディーの太さは焙煎機の機種によって差があります。





【調節と実験】

コーヒーらしさ、コーヒー感の調節が美味しさの鍵





【味の分解のやり方】

抽出前半の濃い部分で調節





【香りと味の印象の違い】

2種類の香り





【ドリッパーの違い】

溝の深さで、旨味系コーヒーか、香り系コーヒーか





【コーヒーの仕入れ価格と販売価格】

キロ単位で数百円から数万円まで





【コーヒーの器具、初めて編】

まずは、簡単な器具で初めてみては如何でしょう
この商品を購入する/add to order