アルールバタ 200g

  • 1,620円(税120円)
商品 : アルールバタ

エリア : スマトラ島 アチェ州 タケンゴン
生産者 : イブラヒム氏(代表)
標高 : 1500〜1600m
品種 : ティムティム、アテン
生産処理 : スマトラ式

印象
《Aroma/香り》ダークチェリー
《Flavor/香味》エキゾチックアーシー(上質な苦味系)
《After-taste/後味》スウィート
《Acidity/酸質》トロピカルフルーツ
《Sweetness/甘み》シロップ
《Body/ボディー》フルボディー
《Mouth-Feel/口触り》ラウンドマウスフィール

TSUKIKOYAオーナーの感想:
インドネシアのコーヒーと言えば、苦味。ですが、精製管理がしっかりしているこちらのコーヒーは、苦味は少なく、良質なボディーとトロピカルフルーツのような酸が特徴です。深く焼いてありますので、チョコレートケーキや、シュトーレンの様な洋菓子との相性が良いと思います。
特徴
◎トロピカルフルーツの様な重甘い酸質
◎しっかりとしたボディー
◎スパイス感と苦味

商品説明:
このアルール・バダはアチェ特州の中でも、もっとも標高の高い1500〜1600mに位置します。コーヒーの木は樹齢10年前後が多く、樹木に力がみなぎっていることが、品質テストでも感じることができるほど豊かなフレーバーを醸し出します。
地区の1〜2ha程度の小農家の取り組み、標高、土壌、そのすべての環境(マイクロクライメット)が、フルーツのような柑橘系の酸味、スムースな口当たり、そして独特のエキゾチックアーシーをもたらします。収穫されたコーヒーは農家が信頼関係によって結ばれたコレクターに渡され、ほかの地域と混ぜないように精選工場へ運ばれます。

コーヒーの風味特性も明るい酸をベースに個性的で様々な風味を有したコンプレックスなフレーバーを兼ね備えています。
豆の状態
ロースト
購入数

上部へ戻る