グアテマラ -washed-
中煎り(バランス) / 深煎り
ラ・フォーリー(100g)

ハーブ・オレンジ・ラズベリー

  • 837円(税込)
特徴
◎抽出したては、エチオピアのような果実味感
◎冷めてくっるとグアテマラらしさ

TSUKIKOYAオーナーの感想

抽出したては、まるでエチオピアの様な華やかさが在り、ぶどうが赤くなった様な果実味(ラズベリー)を想像させる印象。

ラフォーリー農園は、オレンジの様な印象の酸質で人気です。

(オレンジの様な酸の代表的なコーヒーは、ブラジルやエチオピアです。)


中煎りと深煎りでのご用意となっております。



商品情報
農園:ラ・フォリー農園
エリア : アンティグア ホコテナンゴ
生産者 : ペニー姉妹
標高 : 1618m
品種 : ティピカ、ブルボン、カトゥアイ
生産処理 : フリーウォッシュド

印象
《Aroma/香り》ベリー
《Flavor/香味》フローラル・ラズベリー・ティ
《After-taste/後味》スウィート
《Acidity/酸質》シトラス
《Sweetness/甘み》ブラウンシュガー
《Body/ボディー》ミディアムボディ
《Mouth-Feel/口触り》スムース

商品情報

アンティグアの北部山麓のホコテナンゴ(Jocotenango)に位置する同農園は、数年前までほぼ農園管理がされていませんでした。オーナーのフランス人ペニー姉妹は、農業技師のセラヤ氏に農園管理経営を託しました。5年後、セラヤ氏の手により農園は見事に変貌を遂げ単一農園としてデビューしました。シェードツリー、施肥のコントロールの良さは、アンティグア農園の中では随一です。
ロースト
豆の状態

上部へ戻る