ケニア -washed-
カグモイニAB(100g)

  • 864円(税込)
特徴
◎黒蜜の様な香り
◎甘みが明るい肉厚なコーヒー

TSUKIKOYAオーナーの感想
黒蜜、バニラ、アプリコット、紅茶、そんな印象のケニアです。
毎度のことですが、どんなに焙煎を工夫しても、いつも思うのは、ケニアは焼いてから時間の経った方が、独特の香りが増して美味しいと思います。
特にこのケニアは、今は黒蜜のフレーバーがメインですが、これからもっと強いモラス(甘みの強い蜜のような)や、カシスの様なフレーバーが飛び出してきそうで楽しみです。

商品情報
●エリア : ニエリ地方
●標高 : 1600m
●農協:ムガガ農協
●生産者:カグモイニ・コーヒーファクトリー
●品種 : SL28,SL34
●生産処理 : ケニア式

印象
《Aroma/香り》黒蜜
《Flavor/香味》ティー、バニラ、黒蜜
《After-taste/後味》スウィート
《Acidity/酸質》アピリコット
《Sweetness/甘み》黒蜜
《Body/ボディー》ミディアムボディ
《Mouth-Feel/口触り》ラウンド

商品詳細
生産されるコーヒーの品質が世界で最も優れている国のひとつという評価を得ているケニア。 ナイロビの北西部、ちょうどマウントケニア国立公園とアバーデア国立公園に挟まれた山岳地帯の麓にニエリ地区はあります。ニエリ地区は、その濃縮されたフルーツのような風味特性が評価され、ケニアの中でも人気の高いエリアです。

カグモイニ・ファクトリーは、ムガガ農協に属するウォッシングステーションで、近隣の5つの村に住む約1000人のファーマーで構成されています。

生産処理は、伝統的な水洗発酵処理が行われ、4つ所有するパルパーを使い果肉除去がされます。そして、主たる水源として近隣を流れるルイル川から引いた冷涼な水でミューシレージの発酵除去が行われています。

カグモイニファクトリーは、国の行政機関からスタッフを派遣してもらい技術指導を受け、また一方で教育環境の改善を図るなど、高品質なコーヒーの生産と生活環境の向上に常に努めています。
豆の状態
ロースト
購入数

上部へ戻る