tsukikoya

カングヌAB 200g

●エリア : ニュンビ地方 ムランガ地区
●標高 : 1750m
●農協:カングヌ農協
●生産者:ムルエ生産者組合
●スクリーンサイズ:18UP/AA
●品種 : SL28,SL34,ルイル11
●生産処理 : ケニア式

商品説明
カングヌ農協はニュンビ地方のムランガ地区の中央にあり、1970年に創設されました。農協には1648の生産者が登録されておりウエットミルは、標高1750mの高地に位置し年間平均気温は13〜26度となっています。ここでは気候条件により3〜5月と10〜12月の年2回の収穫期がされています。生産量は増加傾向にありますが基本的には前年の天候状況に左右されます。
ウエットミルはUTZ認証に準拠し、効率的な生産を行っています。収穫後のチェリーはカングヌ川の水源を利用したディーゼルエンジンのパルパーにかけられ、果肉除去、洗浄を行った後、乾燥テーブルに運ばれ、等級ごとに選別されます。またミルでは汚水の浄化に取り組み、一部の生産者はグットインサイド認証も受けています。

印象
《Aroma/香り》ワイニー
《Flavor/香味》レッドワイン、ベリー
《After-taste/後味》スウィートアフター
《Acidity/酸質》シトリック
《Sweetness/甘み》シロッピー
《Body/ボディー》ミディアムボディ
《Mouth-Feel/口触り》スムース
=======================================================
tsukikoyaのオーナーの感想 
ケニアのコーヒーは、青リンゴなどの軽い印象のものなどございますが、当店ではあえて、ベリー調のコーヒーを選びました。また、AAでなくABにしたのも、真夏の焙煎に合うようにしたのが理由です。

AAに比べてボディーが軽く甘みが目立ちます。ングリエルのAAと比較するのも楽しいと思います。
特徴
◎コクがあり、特にこの季節は人気
◎さっぱりとしていて、アールグレイのようなコーヒー
販売価格 1,620円(税120円)
購入数

豆の状態
ロースト


おすすめ商品


おまかせ 5000円

5,400円(税400円)


おまかせ メール便 300g

2,160円(税160円)


     

     お電話からご注文の方   TEL 046-876-8988

About the owner

 

ロースター 田村英治

 

焙煎機:ドイツ製PROBAT 5Kg

1Batch焙煎量:500g~2kg

排気調節可能 半熱風型焙煎機

 

味評価:Qグレード方式 SCAJ方式を2つのカップフォームを使用し、カッピングテスト

 

  

CQI認定Qグレーダー

SCAJ認定コーヒーマイスター

 

    

●2014年ロースターズチャンピョンシップ決勝進出

●2014年ローストマスターズ関東チーム優勝

●2016年ローストマスターズチームチャレンジ関東チーム準優勝

    

●2016年《VestOfYunnan》の国際審査員として日本人唯一の参加者

※その時の様子は、ワールドビジネスサテライトで放送されました。

 

 

こだわり

コーヒーは不味いもの

どんなに品質の高いコーヒーにも、美味しくない成分が入っています。その成分を、しっかりと取り除くここが、美味しいコーヒーを作るコツだと思っています

 

Top